ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『宵物語』著:西尾 維新

2018.07.11 (Wed)
4065119928宵物語 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN
講談社 2018-06-14

by G-Tools

「ここだけの話なんですけれど───
私の友達の小学生の妹が、誘拐されたって話なんですけれど」


ここだけの話が、とんでもない話だった!
というか、それ人に気軽に話しちゃいけないやつぅぅぅ!!
ということで物語シリーズ第24弾『宵物語』のネタバレ感想です。
両親ともにネグレクトなので、誘拐・家出の両方とも考えられたけれど、
子供の歯が19本(合計20本)も見つかってはな~
と思っていたら、さすが物語シリーズ。
単なる事件では終わらなかった!

今回は『うつろいねじり』という怪異でした。
大人になってしまった原因は分かる。
分かるだけに、もし子供に戻りたくないといわれたら、
どう説得するか難しい所だ~と思っていたんだが───

「わたしは、子どもに戻りたいですます」
八九寺が女児を全肯定してくれたおかげで万事解決☆
酸いも甘いも経験した彼女だからこそできることだな。パネェ!
こよみんも見習って欲しいものだよ…

「僕も幼女の動向からは、常に目を離さないようにしている」
幼女・女児が登場すると、いつもセリフが怪しいからな…。。。

最後に、ヘビ取り名人こと撫子の話がありましたが~
正式に八九寺に神様の座を譲り、
今後は臥煙さんの手伝いもやっていくそうだ…
五つ首の大蛇、洗人迂路子(あらうんど うろこ)って、すごい名前だな。
いや前半のアレもアレだけれど…

モンスターシーズンは暦が大学生の4年間の話なので、
今後も臥煙さんとは直接やり取りはないのかな。
暦と同じく、ちょっと寂しい気がする。
しかし久しぶりに余弦さんを見る(読む)とガラが悪くなったように感じた。
初っ端に女の子を殴るとは…容赦ねぇな;

次は『余(あまり)物語』なのらしい。

にほんブログ村 小説ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック