ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

漫画『ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 4』著:日渡早紀

2018.07.28 (Sat)
4592214846ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 4 (花とゆめCOMICS)
日渡早紀
白泉社 2018-07-20

by G-Tools

「罪深きはキチェス…。キチェ=サージャリアンこそは宇宙の元凶」

ジャスタウェイ、単行本派で知らなかったのですが~
別冊花とゆめは休刊になったのか;
次からはメロディで連載があるそうだ。

とりあえず、以下ネタバレ感想です。
「私の名はヘンルーカ=ホリー=アース。大母星に生まれ、
キチェを束ね、統括していたサージャリム一族の末裔である」

凶暴な方のヘンルーカは、大母星出身!?
もともとはキチェを纏め上げていた一族なのらしい…
つーか、体の持ち主がヘンルーカで、凶暴な奴は違う名前かと思っていたのに、
こっちもヘンルーカという名前なのか;
以前の輪君みたいに前世と折り合いついてないタイプなのかな?

オイは地球の声を聞ける蓮に助けを求めていたのに、
凶暴ヘンルーカは大母星も仮母星もキチェスが滅ぼしたのであり、
アリスと蓮がいる限り地球が滅ぶのだという。
なので二人は殺さなければならないと…
輪君ブチ切れていたけれど、冷静でなかったとはいえ負けてしまうとは;

しかしオイと凶暴ヘンルーカのいう言葉、どちらを信じるかといえば~
感情的にはオイだよな。
彼女に接触したせいか、紫苑は昔の記憶が戻ったようで、
自分の名前はシ=オンではなかったらしい。シ=オンは父親の名前のようで、
母はアブヤド、母の兄はアスワドというらしい。
って、まさかここでアスワドの名前が出てくるとは…

末裔といっていたし、凶暴ヘンルーカは何でも知ってるわけでなさそうだよな。
大介は月基地を彼女が欲していることに注目し、
月基地を起動しようと言い出したけれど、どうなることか。
まずは基地の植物を枯らすのに黒聖歌を歌わなきゃいけないようだけれど、
そうなると歌うのは蓮か?

カプつんのおかげで蓮とチカコの仲は元通りになりそうだけれど、
黒聖歌を歌うとなったら、蓮はまた不安定になりそうで心配だ;

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック