ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

「今期(3月終了アニメ)の評価 2019」Part.1

2019.04.03 (Wed)
3月終了アニメの総評です。2回に分けてUPする予定。

採点方法は以前参加した企画のものを参考にしています。
6項目を5点満点で採点。
評価の指標は、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

*各評価項目については、末尾に記載。

まずは8作品について評価となります。

転生したらスライムだった件
私に天使が舞い降りた
ケムリクサ
同居人はひざ、時々、頭のうえ。
ガーリー・エアフォース
約束のネバーランド
ブギーポップは笑わない
明治東亰恋伽

*辛口コメントも混じってますが、ご了承ください。あくまで私的意見です。

Part.2はこちら→Part.2
『転生したらスライムだった件』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…24

第2期、決定したようですね。一安心。
ストーリーは全体的には面白かったんだけれど、リムルがチートすぎて…
あまりピンチっぽくならなくて、ちょっと物足りなくはあった。
シズさんに託された(?)子供たちに宿したものは今後何かありそうだけれど、
ディアブロのことにしたって…本当、2期決定してよかったな;
続きがなかったら原作読もうとしていたかもしれない。



『私に天使が舞い降りた』

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…4
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…25

どうも『うちのメイドがウザすぎる! 』と比べてしまう。
『メイド』の方は、生粋の幼女好きというかなんというか怖いレベルだったので、
入門編というか…まだ自分の気持ちを理解していないというのと、
(みゃー姉がたまに花ちゃんのことになると暴走するものの、)
他はいたって大人しい性格なのもあって、見やすかったし、面白かった。
妹のひなたが良かったよねぇ。姉と正反対で元気が良くて。
ストーカーの松本はちょっと怖かったが、やっぱり似たような人が寄ってくるのかな…。。。



『ケムリクサ』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

絵が独特だった。はじめはちょっと苦手な絵かもと思った。
おまけにわかばがうるさいのが気になったけれど、
話の展開が気になったので最後まで視聴しました。
元凶というか、事の発端は最後の方でようやくわかったものの~
1話目からしてみたら、誰がわかるか!って感じでしたけどね。
わかばがキーなのだと思っていたけれど、
むしろ姉妹たちの方がキーだったか…。
まぁ、楽しめました。



『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…22

猫を拾ったことをきっかけに、主人公がだんだん人に囲まれていく様子が良かった。
まぁ、猫と主人公の視点、それぞれで同じ物語を見せるのは、
よくなろう系の小説でもあってあまり好きじゃないかも~と思ったけれど、
慣れたらあまり気にならなくなった。
台風は予想外だったなぁ~。
でも確かにあの主人公は、天気予報とかチェックしてなさそう…
押守さんとの恋愛展開とかあるんだろうか?それとも猫友で終わり?



『ガーリー・エアフォース』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4
演出…3
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…20

結局、敵であるザイは何なのか。
グリペンが慧といるとなぜ安定するのかは不明なまま。
てっきり慧の母親がザイに取り込まれて、そのザイの核でグリペンができた、
とか言う展開を想像していたんだが~
結局、各国同士の足の引っ張り合いやら同士討ちやらで、
話はあまり進まなかったな。アニマの扱いは要注意ということで…
歌は割りと好きだった。



『約束のネバーランド』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…4
音楽…5
総合的な評価…4

総合点…25

2期は2020年か~間が空くなぁ。
残してきた子供たちを本当に助け出すことが出来るんだろうか;
ただ、なんとなくノーマンは死んだ描写がないので、
まだ生きてる可能性もありそうな気もするけれど…
最終回でレイにノーマンの姿が見えていたときは鳥肌が立ったよ。。。
ある程度荷物は持ち出したろうけれど、
あと手助けしてくれそうなのは孤児院に本を寄贈している人か。会えるといいな。



『ブギーポップは笑わない』

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…5
演出…4
音楽…5
総合的な評価…4

総合点…26

昔のアニメの方は見ていない。
当時話題になったのは覚えているけれど、19年前か。もっと古いかと思ってた。
話も複雑だったけれど、人間関係というか相関図も複雑で、時々混乱した。
ブギーポップの独特な口調になかなか慣れなかったけれど、
おかげで宮下藤花との区別はつきやすかったなぁ。
あと意外といったら、ブギーポップのアクションが多かったことかな。
絵を見たとき、あんなに大活躍する人だとは思ってなかったよ;
静かにたたずんでて、意味深なことを言うキャラだと思っていた…
あとは歌がすごく良かったです。作品の雰囲気にあっていた。



『明治東亰恋伽』

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…2
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…17

せっかくの乙女ゲーものなのに、美形なのに絵が残念だった。
それと根本的な問題として~私、
最終回間際まで、主人公が記憶喪失の振りしてるんだと思ったわ;
ガチだと気づいて、逆にビックリしたよ(苦笑)
どうせなら明治に残るエンディングが見てみたかったけどね~。
最後に野郎で残念会とか寂しすぎる…
あと主人公が男性キャラたちと密着するたびに、ポッと頬を染めるのが見るに耐えなかった(ぁ
あれは物の怪が見えるとか関係なく、女子に嫌われるタイプだわ…。。。



各評価項目については、以下が基準となっております。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

にほんブログ村 アニメブログへ
↑↑ランキング参加しております!ポチッと押してくださると舞い上がります♪

コメント

コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック