ジャスタウェイの日記☆

アニメの感想がメインです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『図書館戦争』#12(最終回)「図書館ハ誰ガタメニ」

2008.06.27 (Fri)
「私の一番大切なものが今戻ってきたから」

茨城県展の警備で負傷した堂上と玄田は入院することに。
しかし、世論はメディア良化隊に死傷者を出したと図書隊を責め立てる。
そんなとき、稲嶺司令は人間にとっての自由を語る。
「人にとって表現の自由とは、それを感受する自由とは
生まれながらにして与えられる不可欠な権利なんです」
その権利を守るために戦うのに怯むことはないと激励を飛ばしながらも
水戸準基地が無力化されていたことを見過ごし、
図書隊に損害を出したことの責任をとって辞任することに~。

その代わりといってはなんですが、玄田さんは二階級特進の置き土産を☆
玄田さんがいろいろ無茶して動けたのは稲嶺司令が上にいたからなので
一人でも無茶して動けるようにと、あげてくれたんでしょうね~ちゃんとあとのこと考えてますよ!

玄田さんも目を覚ましてそれを受け取ったけれど
「これしきのことで、騒ぐなばか者!」
起きてすぐ、部下に激飛ばすところが凄いな!
夢の中でも戦ってるよ、この人…
しかもこれしきのことって、32箇所の銃創だったんですよ~。
堂上教官より先に目覚めたのもスゴイけどね☆

堂上教官の方は、外傷はないけれども火事のショックで
人や物を認識できない失認状態なうえに、自発的行動をすることができない遂行機能障害になってしまって~郁は甲斐甲斐しく毎日お見舞いに(涙)
さりげなく堂上教官の愛読書を差し入れしてくれる小牧さん~優しい!!
郁も、堂上教官のことを考えまいとして体を動かしてるのかと思いきや
「教官が復帰したとき、少しも変わってなかったら合わせる顔ないから」
と、復帰を信じて疑わない様子!

けれども見舞いの帰りに報道陣に見つかり、あまつさえ本を踏まれてしまった郁。
いつもなら食って掛かっていくところですが、天の声が(マテ)
「どんな状況でも感情に負けない、冷静さを身につけろ!」
おかげで冷静に対応することが出来ましたね。いや~成長したよw

「無法でたくさんだ。間違ったルールを疑うこともせず
ただ従って生きるなんて生きてるとはいえないと思います。
私たちは絶対に負けません。守るべきものを守り通します!」
あくまで図書隊側の一方的なコメントだったけれど、手塚兄や視聴者の心には少しは届いたようですね♪
図書隊に郁宛の応援の手紙と、カミツレの花が届いたのでした♪
って、玄田隊長復帰してるし(笑)

あと残すは、堂上教官のみ!
「高校時代の憧れの王子様ではなくて、今目の前にいるあなたが好きです」
やっぱり告白来ましたよ!!
カミツレを病室に置きすぎだと思ったんですけど、いい演出です☆
やっぱり、目を覚ますには愛の力ですよね(苦笑)
目を覚ました堂上教官はないている郁の頭に手を!!

最後、こけそうな感じでキスしたかどうかあいまいなものでなく、ラブラブに描いて欲しかったなぁ~。
そうして二人は、カモミールが飲める喫茶店に二人で行くような仲に☆
デートするところが見てみたかったですよ(涙)写真だけだなんて~
堂上教官最終回にほとんどセリフないし…。

やっぱり、もっと図書館戦争を楽しみたい方は、ぜひ原作本を!
なかでも、別冊図書館戦争は二人の甘々だけどちょっぴり切ない恋人生活がかかれてますので☆
甘々が苦手な方はご注意ください!
まぁ、しかし…3巻までをアニメ化でなく、全巻分を2クールでやってほしかったですよ~。


図書館戦争 第五巻 [DVD]

図書館戦争図書館内乱図書館危機図書館革命別冊図書館戦争 1 (1)別冊 図書館戦争〈2〉

コメント

コメントありがとうございます!相互リンクについてのコメントは、ここをクリック
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。


管理者のみに表示

トラックバック

 茨城県展初日の攻防戦の末、なんとか作品は守れたものの……。  その代償は、あまりにも大きなモノに(≧o≦)  玄田は、作品を守る為に...
ちょっとびっくり・・・堂上さん、無事だって信じてたけどまさか失認って。 あ、玄田さんはだいじょぶだって思ってましたー。例え防弾チョッ...
JUGEMテーマ:漫画/アニメ  前回の良化隊との激しい戦闘の末、負傷した堂上と玄田隊長。  両者とも意識不明で入院中。    玄田隊長は良化隊の発砲を全て受け止めるという無茶をしたが、奇跡的に命だけは助かった。  だが、その代償は大きく、未だに意識を取り戻...
= 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」 = {{{遅くなりましたが図書館戦争最終話です。 この作品も1クールだったんだね、あっという間でした。 世界観が面白いだけに、2クール作ってほしかったです。 手塚の兄貴との戦いもケリ付いてないし、これは2期を期待しま
2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い...
図書館の自由を巡る戦いとヒロインと王子様のラブコメの間で、最終回にはバランス良く着地したと思う「図書館戦争」 第12話は水戸図書館の県展の攻防戦の後を描く。 失認状態状態で入院中の堂上には郁、銃傷を負い意識不明で入院中の玄田には世相社の折口が付き添う。 ...
図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」 評価: ── ありがとう 脚本 古怒田健志 絵コンテ 浜...
図書館戦争 状況一二 「図書館ハ誰ガタメニ」 最終回? 火の海から救出された王子さまは・・・ お姫さまのキスで目覚めた!!(嘘) ...
最終回を迎えた図書館戦争。最後の感想を書かせてもらいます。 玄田さんに堂上生きてた!wwww しかし、堂上はショックで記憶喪失...
  茨城で開催される県展の最優秀作品「自由」を検閲する為、良化隊が集結した。対する玄田 率いる関東図書隊は、精鋭のタスクフォースを中心に、地元茨城第一図書館の防衛部員が対抗 する。手塚の兄慧の情報を受け、検閲は県展初日開始前の1回のみだと知り、自由を美...
図書館戦争 最終回です。 堂上は生きていた!!! とりあえずよかったが、事故のシ
全身に銃弾を浴びて、玄田は重傷。そして堂上は、たいしたケガはなかったものの、精神にダメージを受けて、自らの意志を失ってしまいました。そんな郁たちに、さらに追い打ちをかける...
最高の最終回だったと思う 図書館戦争第12話。 ↑1日1票お願いいたします↑
                                                                                                                              ...
さて図書館戦争も最終回を迎えたわけで。終わりってのは寂しいね。 最終回はオリジナル展開9割の原作展開1割といったところ。 ・・・堂上がほとんど喋らないというのが残念であった(涙)
前回で倒れた、堂上、玄田がどうなったのか、また、笠原と堂上の恋の行方、ついでに柴崎と手塚の恋の行方が気になった最終回。個人的には柴崎の恋の行方が一番の注目点でしたが・・・・・
図書館戦争「状況一二 図書館ハ誰ガタメニ」です。 いよいよ図書館戦争も最終回です。 今まで色々貶してきましたが、終わるとなるとちょっと寂しい気もします。 まぁ、先週の終わり方からすると、看病を通じて郁と堂上の二人の関係が進んで終わりそうな気もしますが...
『死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。 カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分...
私が感想を書いてる作品としては、今期一番に最終回を迎えたこの作品。最後は盛り上げてくれて、面白いところで続きになってましたので気になってました!!?死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂...
図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分にできること、愛するものを守りぬくこと……。郁たちが見つけた答えとは?
失認および遂行機能障害の症状に陥ってしまった堂上さん。 怪我した時のショック状態に起因する一時的なものとのことですが・・・ 大火傷し...
堂上は精神的ショックで入院。 玄田は重症…。 死傷者が出たことで図書隊を叩く世論が吹き荒れる…。 数話前のラブコメ展開がウソのような...
 図書館戦争  状況一二 最終回 図書館ハ誰ガタメニ  -キャスト-  笠原 郁:井上麻里奈  堂上 篤:前野智昭  小牧 幹久:石田...
いま目の前に居るアナタが好きです。
状況一二 図書館ハ誰ガタメニ ”かみつれ”すべてはここから始まった
#12「図書館ハ誰ガタメニ」 最終回の感想です。
堂上は案外ケロッとしてるのかと思ってたら事故のショックで失認・および遂行機能障害に。あの火の海にさらされたショックとしてはちょっと...
図書館戦争 #12の視聴感想です。 必ず戻る。 辞任の理由。 偏見報道。 苦難の中の力。 応援してくれる人たちがいる! ↑さぁポチッとな
手塚は柴崎によって尻に敷かれるタイプだな(笑) 当初、郁にツッケンドンでとっても偉そうな態度をとっていた手塚ですが 今では柴崎に調...
「図書館ハ誰ガタメニ」 水戸図書館での戦闘で負傷し、意識を取り戻さない玄田。機能的には問題がないものの、意識の混濁が続く堂上。そん...
ああ、終わっちゃったな…… ※ネタバレ注意
図書館戦争 【初回限定生産版】 第五巻角川エンタテインメント発売日:2008-12-03amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)●状況一二『図書館ハ誰ガタメニ』県展の警備で良化隊に死傷者が出たことで、検閲に対抗する図書館への批判が噴出。 図書隊も玄田と堂上が重症を負ったこ...
 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」  ホームページからあらすじ・・・  死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はあ...
状況一二「図書館ハ誰ガタメニ」(終)茨城の戦闘で隊員に多数の犠牲者を出したタスクフォース。部隊のあり方について民衆から非難される中、関東図書基地司令の稲嶺はある決意を固める。周囲が非難への対応に追われる中、カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。...
図書館戦争 第12話(最終話)「図書館ハ誰ガタメニ」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。