ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

『ネオアンジェリークAbyss second Age』#3「剣をその手に」

2008.07.21 (Mon)
「私に剣を教えて欲しいんです」

女王の卵と偽って、自分たちを騙したとアンジェに詰め寄る人々。
そこに剣を持った活発な少女が現れアンジェを救う。
街に居づらくなったアンジェたちは、その少女にオラージュまで船に乗せてもらうことに。
もうタイトルと、この少女を見たときからこの子に剣を習うんだろうな~と思ってました。
実際、女の身でありながら船長だし、タナトスもぶっ放すし強そうw
しかーし!
剣の稽古はただアンジェが斬りつけるだけ!型も何もなし!

「私が死んだら、こいつらを守る人間がいなくなるだろ」
学んだのはセドナのこの心意気だけでした!(笑)
どうせなら型だけでも教えてあげようよ~。
無責任にきっと強くなれるなんて言わないで(苦笑)

「私もみんなを守れるようになりたいんです!」
またも襲ってきたタナトスを前にして、剣で戦うアンジェ☆
しかーし、最後の浄化のときには剣を置いてる!!
やっぱり剣は必要ないんじゃ(苦笑)
てっきり、剣で斬りつけながら浄化して消し去ると思っていたのに~
何のための剣…一応守れてはいたけど…。

まぁ、セドナと友達になれたし~アンジェが元気になったのはよかったです。
ヒュウガの船酔いも治って良かった(笑)
「耐えねばならない、この揺れに…船酔いだ!」
「俺も乗り越えた」
いつの間にギャグ担当にw

次回は銀樹騎士団、ヒュウガのかつての仲間だったカーライルの話になりそうですね~。
前回マティアスがカーライルの話を少ししていましたが、どう明らかになるんだか…。
真面目な話もいいけど、予告だけは面白おかしくして欲しいな☆

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開様へ♪
タンポポさん、初コメントありがとうございます!
こちらこそいつもTBでお世話になっております~。
私もコメントを残すのが苦手なのでいつもTBばかりでスミマセン~。

今回、アンジェがやる気を出して剣を持ち出しましたが
今後の戦いでも剣を振るんでしょうかね(苦笑)
別のアンジェシリーズのアニメでもなぜか魔法のステッキが武器となったので、ある程度予測はしていましたが…
次の戦闘で剣が必要かどうか、見極めたいと思います♪
コメントありがとうございました。
コメントありがとうございます!
ネタバレやコピーコメント、横レス、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。
こちらの判断で削除させていたく場合もございます。(最大500文字まで)


管理者のみに表示

トラックバック

■2期 第3話 剣をその手に アンジェが目覚めたものの、タナトスが現れた原因を自分達のせいにされてしまった一行は、 自分達の味方に...
あれですか、エルヴィンをジェイドが抱っこするのは、もう定位置ですか。ポジション決定ですか。 ……戦う時どうするんだ……?
聖都へ向かって旅をするアンジェたちは、とある港町までやって来ました。夢の中でニクスと出会ったアンジェは、元気がありません。そんな時、アンジェたちの正体に気がついたチンピラ...
それ(ヘソ出しファッション)、アンジェに着せたい。  ↓  ↓
1つ聞きたいのだが、この先天候は安定しているのだろうか? 「ネオアンジェリーク Abyss -Second Age-」第3話のあらすじと感想です。 何でこんな...
身を潜めながら、セレスティザムを目指す一行。フードを目深に被った 4人組が怪しくて仕方がないのですが(笑)。
「ノーブレス・オブ・リーシュ」何かをなせる力を持ってるのに、それを使わないことは罪。?アンジェを保護してもらおうと聖都を目指す一行は、セドナという少女に出会い、彼女の率いる船で旅を続けることになる。アンジェとは性格も生い立ちも異なるセドナだったが、...
ネオアンジェリークAbyss-secondage-の第3話を見ました。act.03 剣をその手に聖都を目指すアンジェリークは女王のたまごを名乗って民を騙したとして、とある町人に追われてしまうのだが、セドナという少女に助けられる。船団を率いるセドナの助けを得られた一行は、水路...
  すいません。 つい、焼きダコ(?)にでもするのかと思ってしまいましたw ネオアンジェリークAbyss Second Age 第3話 「剣をその手に」 ...
セレスティザムを目指すアンジェたち。町でアンジェの危機を救ってくれた少女がいた!!!「剣をその手に」あらすじは公式からです。アンジェを保護してもらおうと聖都を目指す一行は、セドナという少女に出会い、彼女の率いる船で旅を続けることになる。アンジェとは性格...
#3「剣をその手に」 聖都を目指す、アンジェご一行ですが…。