ジャスタウェイの日記☆

アニメの総評、漫画・小説の感想がメインです。

世紀末オカルト学院(完) の記事一覧

『世紀末オカルト学院』#5「夏のこずえ」

2010.08.03 (Tue)
「この学園で私だけ、いまだにオカルト体験がないんです」
大事なものは目に見えない。心で探さないとダメなんだ。

ついこの間、天狗事件に巻き込まれたばかりだというのに、
懲りもせずに、むしろよりいっそうオカルトにのめり込むこずえ。
それには、彼女なりの理由があるそうなのだが…
続きを読む »

『世紀末オカルト学院』#4 「文明の崩壊」

2010.07.27 (Tue)
「超能力は使えない、道には迷う。
全くとんでもないエージェントね」


美風さんとのデートを楽しんだ翌日、
マヤが行方不明になったと教頭から聞かされた文明。
って、こずえも行方不明になってる模様;
典型的な巻き込まれた異質だな…
教頭に二人で一緒に探さそうと迫られたが、すかさずかわしたww
続きを読む »

『世紀末オカルト学院』#3 「美し風、吹きぬけて」

2010.07.20 (Tue)
「荒唐無稽に思えることでも、頭ごなしに否定しない!!」

オカルト学院の周りで、神隠しが頻繁に起きているらしい。
天狗の仕業と噂されるその事件を馬鹿にする文明だったが、
マヤに説教されて、ようやく事件がノストラダムスの鍵に繋がる可能性に気づいた様子…
本当に、こんな人間に世界の未来を託してもいいのだろうか(汗)
続きを読む »

『世紀末オカルト学院』#2「文明の到来」

2010.07.13 (Tue)
「頼む、携帯を返してくれ。
あれがないと俺は、未来を救うことができない!!」

1999年7の月、空から恐怖の大王が舞い降りる

1999年7月、突如空から全裸の男が降ってきた!!
彼がノストラダムスの予言にある大王なのか?(苦笑)
続きを読む »

『世紀末オカルト学院』#1「マヤの予言」

2010.07.06 (Tue)
「オカルトなんて、大っ嫌い!!」

街では「オカルト学園」と呼ばれる、
不可思議なことばかり起こるヴァルトシュタイン学院にやってきた神代マヤ。
白いワンピースをなびかせていたが、今日は父の葬儀だった…。
続きを読む »
« Prev  | HOME |